【ぶら下がり】
日本語の組版では、行頭に句読点が来るのを禁則としているので、句読点が行頭に来るときは、前の行末にはみださせるか、前行の字を詰めて行のなかに収めてしまう。はみださせて処理するほうをぶら下がりという。

QuarkXPressやPageMakerには自動的にぶら下がりの処理をする機能があるが、写植と完全に同じ処理結果とはならない場合もあるので、使用に際しては組み見本を十分に検討して、採否を決定するのが望ましい。InDesignでは、禁則の行末、行頭処理をしたうえで、従来の日本語組版ルールとしてのぶら下がりを実現している。

ぶら下がりありの場合


ぶら下がりなしの場合



[は] [ひ] [ふ] [へ] [ほ]
付録:タグ一覧事典の使い方参考文献凡例
組版ルール
行の揃え方
書体の種類
文字飾り・文字の変形
約物――よび方と注意事項
ルビ
和欧混植
フォントサイズ
特殊文字一覧
罫線の種類
製本様式と本の部分名称
紙のサイズと本のサイズ
組版ソフトの画面
環境設定
ツール一覧
ポインタ一覧
版式
画像フォーマット
フォント出力
校正の流れ・校正記号


ご覧になるには
Acrobat readerが必要です。